年をとると、人の体はどうしても変わってきます。加齢による老化は、完全には食い止められません。加齢臭とは、年をとって体質が変わったことによって、体が漂うようになる臭いのことをいいます。汗や皮膚の臭いは、若年のころはそれほど苦痛にはなりませんが、年配になると不快感が強くなります。加齢臭は、女性より、男性のほうが強くなりやすいといいます。男性のほうが、皮脂や汗の分泌量が多くなりやすく、そのせいで臭いが強くなります。加齢臭は、ノネナールという物質が臭いのもとだと言われています。ノネナールは、首元や、耳の裏から分泌されることが多いので、枕に臭いがついたり、人とすれ違った時に匂いやすいといいます。加齢臭が強くて、身近な人にも気づかれるし、自分にとっても苦痛だという男性もいます。加齢臭に悩む人のために、加齢臭を抑制するサプリメントや、加齢臭を予防するための商品などが売り出されています。制汗剤を使ったり、着替えの頻度を増やすというやり方は、臭い対策にはなりますが、臭いのしない体質になるわけではありません。いい臭いでマスキングしようと香水を使っても、臭いがひどくなる可能性もあるといいます。サプリメントを摂取することで、ノネナールの生成を抑え、加齢臭の臭いが体から出ないようにします。加齢臭の臭いが出てこない体になれるなら嬉しいでしょう。口コミ評価でも、満足度の高さが伺えます。加齢臭の原因物質が体から分泌されないように働きかけたことで、気になっていた加齢臭が減ったという体験談が、多く寄せられています。